七つの大罪:舞台版のメリオダス役に納谷健 乃木坂46梅澤美波がエリザベス キャスト発表

アニメ マンガ
舞台「七つの大罪 The STAGE」のビジュアル (C)鈴木央講談社/「七つの大罪 The STAGE」製作委員会

 鈴木央(すずきなかば)さんの人気マンガ「七つの大罪」の舞台「七つの大罪 The STAGE」の出演者が3日、発表され、俳優の納谷健(なやたける)さんが主人公のメリオダス役で主演を務めることが分かった。納谷さんは、2.5次元舞台では初主演となる。また、アイドルグループ「乃木坂46」の梅澤美波さんがヒロインのエリザベスを演じるほか、有澤樟太郎さん、長谷川かすみさん、斎藤直紀さん、北村諒さん、川隅美慎さん、野村祐希さん、小玉百夏さん、奈良坂潤紀さん、窪寺昭さん、田野アサミさん、輝馬さん、榊原徹士さんが出演することも発表された。舞台のビジュアルも公開された。

 「七つの大罪」は、マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)で2012年から連載中のマンガ。かつて王国転覆を謀ったとされる伝説の逆賊「七つの大罪」の戦いを描いている。テレビアニメ第1期が14年10月~15年3月、スペシャル版が16年8~9月に放送された。新シリーズ「七つの大罪 戒めの復活」がMBSTBS系で放送中。

 納谷さんは「『七つの大罪』が舞台化するなら“メリオダス”をやりたい!! マンガもアニメも大好きで、自分がこの世界にデビューして間もない頃に夢のように強く思っていました。そして今、せんえつながら運命を感じております。初主演で、初座長をこの作品で務めさせていただくことになりました。特別な思いが重なり、幸せでいっぱいです。プレッシャーはありますが、心強いキャストスタッフ様と共に、舞台化を新たな段階へ、演劇史に残るような作品を作り、お届けしたいと思っております。興味を持ってくださる方々に原作や舞台の素晴らしさを知ってもらえるよう、尽力する所存です!」とコメントを寄せている。

 梅澤さんは「この作品は、原作、アニメ、そして今夏公開の映画とありますが、今回、舞台ならではの表現の仕方で新たな『七つの大罪』を皆様にお届けできるのではないかと私自身も今から楽しみにしています。『七つの大罪』は、お話やキャラクターを愛しているファンの方もすごく多いと思うので、私が演じさせていただくエリザベスと自分自身が真摯(しんし)に向き合い、皆様がエリザベスに持つイメージを大切にしながら演じていけたらいいなと思っています」と思いを語っている。

 「七つの大罪 The STAGE」は、天王洲 銀河劇場(東京都品川区)で8月3~12日、梅田芸術劇場(大阪市北区)で同18~20日に上演。

 ◇キャスト(敬称略)

 メリオダス:納谷健▽エリザベス:梅澤美波(乃木坂46)▽バン:有澤樟太郎▽ディアンヌ:長谷川かすみ▽キング:斎藤直紀▽ゴウセル:北村諒▽ハウザー:川隅美慎▽グリアモール:野村祐希▽ジェリコ:小玉百夏▽スレイダー:奈良坂潤紀▽ヘルブラム:窪寺昭▽ギーラ:田野アサミ▽ヘンドリクセン:輝馬▽ギルサンダー:榊原徹士

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る