梶裕貴:坂本真綾、杉田智和、福山潤ら「七つの大罪」メンバー集結に「感慨深い」

アニメ
劇場版アニメ「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の初日舞台あいさつの様子

 劇場版アニメ「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」(阿部記之総監督)の初日舞台あいさつが18日、東京都内で開かれた。この日は、主人公のメリオダスの声優を務めた梶裕貴さん、ディアンヌ役の悠木碧さん、バン役の鈴木達央さん、キング役の福山潤さん、ゴウセル役の高木裕平さん、マーリン役の坂本真綾さん、エスカノール役の杉田智和さんの「七つの大罪」メンバーが集結。さらに、エリザベス役の雨宮天さん、ホーク役の久野美咲さん、「黒の六騎士」のリーダーベルリオン役の森川智之さんも登場し、梶さんは出演者の勢ぞろいに「感慨深いです」と語った。

 梶さんは「メリオダスはエリザベスと出会って、この大罪のメンバーを集めるために旅を始めた。我々もそろって舞台あいさつできることは、うれしく思います」と満面の笑みを見せた。さらに、「劇場版がついに公開となって本当にうれしく思います。『七つの大罪』という作品は4年以上の歳月をかけて一緒に作ってきた作品。映画化されうれしく思っています」と喜んでいた。

 印象深いせりふを聞かれた梶さんは「いろいろあるのですが『おまえは俺の大切なものを傷つけた。それがおまえの罪だぜ』というせりふです。エリザベスや仲間たちとの絆を感じる」と語った。さらに、「七つの大罪」の魅力について、「愛」とフリップを使って回答した梶さんは「メリオダスとエリザベスの愛の物語でもあり、男同士、女同士の友情といった愛も含まれている。それがしっかり描かれているのが素晴らしい作品」と力を込めていた。

 「七つの大罪」は、「週刊少年マガジン」(講談社)で2012年から連載中の鈴木央(すずきなかば)さんのマンガが原作のアニメで、かつて王国転覆を謀ったとされる伝説の大悪党七つの大罪の戦いを描いている。劇場版は、原作者の鈴木さんが描き下ろしたネーム(マンガの下書き)を基にした完全オリジナルストーリーで、主人公のメリオダスたちが、最強の敵ベルリオンの率いる魔神族の集団黒の六騎士と激突する……という内容。

 舞台あいさつには、「応援隊長」を務めているお笑いコンビ「よゐこ」、主題歌を担当したアイドルグループ「乃木坂46」の与田祐希さんと山下美月さんも出席した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る