USJ:「SUPER NINTENDO WORLD」スマホと連動 ハテナブロックからコインが 今夏オープンで経済効果は11.7兆円

芸能 ゲーム
USJに今夏オープンする「SUPER NINTENDO WORLD」のキックオフプレゼンテーション

 ユニバーサルスタジオジャパン(USJ、大阪市此花区)内に、2020年にオープンする任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした「SUPER NINTENDO WORLD」。この新エリアで採用される最新テクノロジーを発表、体験する「キックオフプレゼンテーション」が、1月14日に同所で行われた。

 「SUPER NINTENDO WORLD」は、任天堂の大ヒットゲーム「スーパーマリオ」の世界を立体化したテーマエリア。「マリオカート」や、人気キャラクター「ヨッシー」のライドアトラクションなどの設置に続き、スマートフォンと連動することでエリア散策をさらに楽しめる最新鋭の技術を導入することが公表された。

 ゲストは、エリア内で購入できるバンド「パワーアップバンド」(販売価格未定)と、USJのスマートフォンアプリを連動させることで、エリア内の数カ所に設置された「ハテナブロック」から、マリオのゲームと同じようにコインを集めることができる。その数をゲスト同士で競えるだけでなく、「キー(鍵)」を一定数集める「キーチャレンジ」をクリアすれば、他のゲストと協力して「ボスバトル」に挑戦できるなど、まさにマリオの世界に飛び込んだような仕掛けが多数盛り込まれている。

 この日のプレゼンテーションでは、「ハテナブロック」の体験コーナーも。ゲームの画面で見てきたアクションが実際にできることに、多くの体験者は興奮を隠せない様子だった。USJのマーケティング部部長の山本歩さんは「新しいテクノロジーによって、皆さんがマリオの世界を全身で体感できる、本当に今までになかったエリアになっています。今日発表したのはほんの一部分ですし、ぜひ期待して待っていていただきたいです」と、新エリアに自信を見せた。

 「SUPER NINTENDO WORLD」の総工費は、「ハリーポッター」エリアを超える600億円超。規模面積は非公表だが、USJでは初めて地下を使った複数階層構造で、広さを実感させる場所になるという。関西大学の宮本勝浩名誉教授の試算によると、同エリアオープン後10年間のUSJが創出する経済効果は、近畿圏で約6.2兆円、全国で約11.7兆円になると予想されている。「SUPER NINTENDO WORLD」のオープンは、2020年の東京五輪前になる予定。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る