エール:次期朝ドラヒロイン二階堂ふみに密着 フォトブックで25歳の等身大の姿

テレビ
3月30日に発売される「『二階堂ふみ in エール』PHOTO BOOK」

 俳優の窪田正孝さん主演の2020年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で、ヒロイン役を務める女優二階堂ふみさんに密着したフォトブック「『二階堂ふみ in エール』PHOTO BOOK」(東京ニュース通信)が、3月30日に発売されることが分かった。

 「エール」の主人公は、福島県の作曲家古関裕而(ゆうじ)さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手がけたことでも知られる。ドラマは昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家、裕一(窪田さん)とその妻音(二階堂さん)の物語となる。

 フォトブックでは、初の朝ドラにヒロインとして挑む二階堂さんの撮影の日々を追った。 収録現場に加え、楽屋や食堂、メークルームにまで密着した“オフすぎる”オフショット集では、25歳の二階堂さんの等身大の姿が写し出されている。

 写真家としても活躍する二階堂さんが、夫役の窪田さんを撮り下ろした特別企画、劇中で3姉妹を演じる二階堂さん、松井玲奈さん、森七菜さんによる座談会では、好きな男性のタイプについてや、 撮影中に3人で爆笑したというエピソードも披露している。

 二階堂さんは「今回のフォトブックでは、収録の合間にご飯を食べていたり、寝ていたり、オフすぎて本当に使えるのかな?という写真もたくさん掲載されています(笑い)。最近、収録現場でよく『表情が豊かだね』と言われるんですが、18歳のころ、藤竜也さんから『君は“顔がおしゃべり”だから』と言われたことを思い出しました。このフォトブックは、 そんな“おしゃべりな顔”の私が楽しめる本になっています」とコメントしている。

 フォトブックには二階堂さんのポスターも付属される。価格は2200円(税抜き)。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る