小野賢章:「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」ハサウェイ役に「感無量」

アニメ
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のファンイベントの様子(C)創通サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督、7月23日公開)で、小野賢章さんが主人公のハサウェイノアの声優を務めることが3月24日、明らかになった。同日、東京都内で無観客のファンイベントが開催され、小野さんは「とっても出たかったので、決まったときは本当にうれしかったですね。宇宙世紀で生きられるかと思うと感無量でした」と喜んだ。

 「閃光のハサウェイ」は声優陣が一新されることが発表されたことも話題になっていた。上田麗奈さんが謎の少女ギギアンダルシア、諏訪部順一さんが地球連邦軍のケネススレッグを演じることも発表された。

 上田さんは「うれしかった半面、プレッシャーが大きすぎて逃げたいっていう……。ここから逃げたいっていう思いが強かったのですけど。そう思いつつも、今の自分だからできることを一生懸命やっていきたいと思いを強く持ちました」とコメント。

 諏訪部さんは「最初は信じられなかったですね。決まりましたって連絡をいただいたとき、またまた……みたいなことは思いましたね(笑い)。それがだんだん実感に変わってきて、プレッシャーを感じつつ、それでもやるしかないので」と話した。

 「閃光のハサウェイ」は、1989~90年に富野由悠季さんが発表した小説が原作。宇宙世紀0105年を舞台に、第二次ネオジオン戦争で苦い別離を経験したブライトノアの息子ハサウェイが新型モビルスーツΞ(クスィー)ガンダムを駆って、地球連邦政府に反旗を翻す姿を描く。アニメは「虐殺器官」の村瀬さんが監督を務める。3部作。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る