ホームルーム:最終回第10話 “ラブリン”山田裕貴の狂愛は“桜井”秋田汐梨に届く?

テレビ
連続ドラマ「ホームルーム」第10話の場面写真 (C)「ホームルーム」製作委員会MBS (C)千代/講談社

 俳優の山田裕貴さん主演の連続ドラマ「ホームルーム」最終第10話が3月26日、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」(木曜深夜0時59分)で放送される。担任クラスの女子生徒桜井幸子(秋田汐梨さん)を狂愛する“ラブリン”こと爽やかイケメン美術教師愛田凛太郎(山田さん)。桜井に拒絶され、マル(富田望生さん)たちに秘密を暴かれ、最後のホームルームを決行する。

 愛田は、桜井の欠席した教室で、桜井への“犯行”を全て告白。怒り狂った生徒たちから激しい制裁を受ける。しかしそこへ、自宅に閉じこもっていたはずの桜井が現れる。愛田が逃げもせずにホームルームを開いたのは、もう一度だけ桜井と会いたいがためだった……。予告映像では、愛田が「大事なお知らせがあります」と、ホームルームを開始するシーン、「悔しかったら、俺ぐらい愛してみろ!」と叫ぶ声が公開されている。

 原作は、ウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載中の千代さんの同名マンガ。女子生徒を狂愛するストーカー教師という衝撃的な役を、山田さんが体当たりで演じる学園サイコラブコメ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る