映像研には手を出すな!:実写版映像初解禁 “浅草氏”齋藤飛鳥が半目でキョドる? 頭から落下や「プロペラスカート」も

映画 マンガ テレビ
映画「映像研には手を出すな!」最新ポスタービジュアル (C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館 (C)2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 (C)2016 大童澄瞳/小学館

 テレビアニメも話題の人気マンガを実写化する連続ドラマ「映像研には手を出すな!」(MBSTBS)のテレビCMが3月26日、公開された。アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんがメインキャストを務め、映画も5月に公開される実写版の初映像となる。極度の人見知りなキャラの主人公浅草みどり役の齋藤さんが、半目で首をカクカクして挙動不審になるシーンや、部室の2階から頭から落下するシーンなどが収められている。

 「映像研には手を出すな!」は、大童澄瞳(おおわらすみと)さんが2016年からマンガ誌「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載中のマンガが原作。自分の考えた“最強の世界”で大冒険することが夢の浅草みどり、プロデューサー気質の金森さやか、アニメーター志望でカリスマ読者モデルの水崎ツバメが、脳内にある“最強の世界”を表現すべく、映像研究同好会を立ち上げ、アニメ制作に打ち込む姿を描いている。

 テレビCMは、作品設定のアイデアを湯水のように生み出す浅草みどり(齋藤さん)の「この高校を舞台にアニメを作りたい!」というせりふで始まる約40秒の映像。アニメに興味はないものの、金儲(もう)けの嗅覚と持ち前のビジネスセンスでプロデューサー的な立ち位置にいる金森さやか(梅澤さん)、超お嬢様で、カリスマ読者モデルながらアニメーターを目指している天真らんまんな水崎ツバメ(山下さん)らに加え、空想で作り上げたメカ「カイリー号」や“「プロペラスカート」で空を飛ぶ浅草氏”なども登場する。

 連続ドラマ版は全6話で、MBSで4月5日から毎週日曜深夜0時50分に放送。TBSでは4月7日から毎週火曜深夜1時28分に放送される。映画は5月15日公開で「行こう、最強の世界。」というキャッチコピーが添えられた最新ポスターも公開された。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る